資料請求 講座申込
ハウジングインテリアカレッジの通信講座について 私のスキがカタチになる。インテリアコーディネーター通信講座一覧 建築業界に必要な国家資格。二級建築士通信講座一覧 通信教材販売 通信教育申し込み方法
ホーム カートを見る
ハウジングインテリアカレッジの通信講座について インテリアコーディネーター通信講座一覧
二級建築士通信講座一覧 通信教材販売 講座申し込みはこちらから
合格体験記・合格者の声
スタッフ紹介
インテリアコーディネーター全国統一模試
二級建築士全国統一模試
教材販売
フェイスブック
スタッフブログ
営業日について


スタッフブログ
インテリアコーディネーターブログ
二級建築士ブログ
インテリアコーディネーター2次試験【家具図面の描き方】

インテリアコーディネーターの2次試験で、受講を考えておられる方が圧倒的に「苦手」な分野が「家具図面」です。

「図面はさっぱり・・」と言う方も、今からできることがあります。ぜひ今から取り掛かってください。

インテリアコーディネーター試験に出てくる家具図面は、ほぼ100%が「収納家具」です。

リビングボード、食器棚、下駄箱など、いろいろなバリエーションで出題されますが、

要は「棚と扉が描ければ、まずOK」です。

ちょっと難易度があがるのは「引き出し」が付いてきたときですね。

自分で勉強する方法は

(1)1次対策の家具の単元に載っている、家具の構造をもう一度見直す。

(2)自分の家の収納家具を、表側、側面、裏側を見て、どこに何がついているか(例えば、扉と側面の板の取り合い部分はどうなっているか?など)をスケッチしてみる(つまり構造を調べる)。

の2つです。

 

まずは家具の部材の名前を知らねばなりません。

次に構造を知らねばなりません。

これらが解ってきたら、間違いのない家具図面が描ける。

また、収納家具のデザインが考えられる。

ようになります。

 

ハウジングインテリアカレッジ・住宅デザイン研究所の通信教育では、文字では伝わりにくい「?」な部分を、画像で説明した質問回答や、youtube動画のプチ講義などで「なるほど!わかった」に変えられるよう、あの手この手でサポートしております。

 

■インテリアコーディネーター通信講座のお問い合わせは・・

ハウジングインテリアカレッジ・住宅デザイン研究所

フリーダイヤル 0120-955-395